Top > 茶道とは

茶道とは

茶の道の芸術と言えば、茶道です。
茶道は、茶の湯とも言われており、亭主と客人が集まって行う茶会を中心にした、日本独特の生活文化を指します。
単に茶を入れて飲むのではなく、精神性を重視した、総合芸術とも言えるでしょう。
日本一のもてなし料理と言われる「懐石料理」や、茶によく合う和菓子も、もともとは茶道から生まれたものです。
茶道には、作法や約束事が細かく決められており、とかく堅苦しく見られがち。
しかし、実際は、五感を十分に働かせて客をもてなす、風情ある日本文化なのです。
茶道の様式は、千利休により「侘茶」として完成されてからは、表千家・裏千家等の数多くの流派に分かれて、現在に至っています。

 

 宅建テキスト  第2種電気工事士  泰丸だしパック  耐熱温度
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
お茶の種類(2009年5月28日)
茶道とは(2009年5月28日)
美味しいお茶の入れ方(2009年5月28日)
美味しいお茶の入れ方のコツ(2009年5月28日)
お茶の効果(2009年5月28日)