Top > 美味しいお茶の入れ方

美味しいお茶の入れ方

茶を美味しく飲みたい――。
そんな方におすすめの、美味しいお茶の入れ方をご紹介しましょう。
まずは、水選びからです。
茶には、ミネラル・ウォーター(軟水)を使うのがベストです。水道水を使う場合には、浄水器を通した水を沸騰させて、カルキ抜きをしておきます。
次に、ポットと、人数分の湯飲みを用意します。
美味しいお茶の入れ方のカギは、「お湯の温度」にあると言っても過言ではありません。一般的には、高級な茶ほど低温で入れると良いといわれます。
茶を入れるときには、ポットから急須に熱湯を直接注ぐのではなく、まずは、人数分の湯飲みにお湯を8分目ほど入れて、80度前後にまで冷ましましょう。
冷ましたお湯を、お茶の葉を入れた急須に戻し、1分~2分ほど煮だしたら完成です。
茶の濃さと量が同じくらいになるように、人数分の湯飲みに少しずつ注いでいきます。
美味しいお茶の入れ方をマスターして、茶の持ち味を十分に味わってください。

 

 低カロリーお菓子  超音波モーター  男性髪型  短期入所生活介護
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
お茶の種類(2009年5月28日)
茶道とは(2009年5月28日)
美味しいお茶の入れ方(2009年5月28日)
美味しいお茶の入れ方のコツ(2009年5月28日)
お茶の効果(2009年5月28日)