Top > 美味しいお茶の入れ方のコツ

美味しいお茶の入れ方のコツ

茶を飲むときには、茶の持ち味を十分に引き出したいものです。
そのためには、美味しいお茶の入れ方を知らなくてはいけません。
美味しいお茶の入れ方のポイントは、「お湯の温度」にあります。煎茶の場合、80度~90度、高級茶の場合は、70度程度の低温で入れると良いでしょう。
ポットから急須にお湯を入れると熱すぎるため、まずは、人数分の湯飲みにお湯を8分目ほど入れて冷まします。
冷ましたお湯を、お茶の葉を入れた急須に戻し、1分~2分ほど待ちます。このとき、早く煮出そうと思って急須を揺すると苦みが出るので気を付けて。
1~2分経ったら、茶の濃さと量が同じくらいになるように、人数分の湯飲みに少しずつ注いでいきます。
美味しいお茶の入れ方のコツを身につけて、茶の持ち味を堪能してください。

 

 卒業旅行  矢沢あい  キムタク  ロクシタン  安田美佐子
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
お茶の種類(2009年5月28日)
茶道とは(2009年5月28日)
美味しいお茶の入れ方(2009年5月28日)
美味しいお茶の入れ方のコツ(2009年5月28日)
お茶の効果(2009年5月28日)