美味しいお茶の入れ方最新の記事

お茶の種類

茶は、日本だけでなく、世界中で栽培され、飲用されています。
お茶の種類にも、緑茶、紅茶、中国茶、漢方茶、など、いろいろあります。
茶を製造方法によって大別すると、発酵茶、不発酵茶、半発酵茶の3つに分けることができます。
茶の葉を発酵させる「発酵茶」の代表的なものは、紅茶です。完全発酵させるため、茶の葉のカテキンやビタミンCは失われてしまいます。
茶の葉を発酵させない「不発酵茶」の代表的なものは、日本の緑茶(煎茶、玉露、番茶、ほうじ茶、玄米茶等)です。茶葉中の成分を生かす製法で作られます。
不発酵茶は、さらに、加熱に蒸気を使う"蒸し製"(日本式)と、釜で炒る"釜炒り製"(中国式)に細分されます。
茶の葉を蒸した後に発酵させるという「半発酵茶」の代表的なものは、ウーロン茶、プーアル茶、黒茶です。
このように、お茶の種類はさまざまで、味や効能も違います。
好みと目的に合ったお茶を選びましょう。

美味しいお茶の入れ方について

美味しいお茶の入れ方のカギは、「お湯の温度」にあると言っても過言ではありません。一般的には、高級な茶ほど低温で入れると良いといわれます。
カテゴリー
更新履歴
お茶の種類(2009年5月28日)
茶道とは(2009年5月28日)
美味しいお茶の入れ方(2009年5月28日)
美味しいお茶の入れ方のコツ(2009年5月28日)
お茶の効果(2009年5月28日)